宇都宮市で坐骨神経痛の治療はさくら鍼灸治療院へお任せください。

腰椎椎間板ヘルニアの診断を受けた症例 - 腰痛

症例

40代、男性、T.Sさん

会社員  デスクワーク

昨年の2月より、右腰部、殿部、下肢にかけて痛み、痺れが出現。

病院でMRI、レントゲンを撮り椎間板ヘルニアと診断される。

約1年、痛みと痺れに悩まれ、H28年1月下旬に当院に来院。

 

【初診】

歩行時数分で痺れが出現。出張の移動が辛い。

立位時は常に正座後の痺れがある。

立ち上がり時、腰部に鈍痛。

痛みのため常に前傾姿勢。

1年前よりは症状が軽減しているが、歩行、立位に維持が辛い様子でした。

 

【所見】

腰部の後屈(+)で右腰部、下肢に痛み、痺れ

右片脚立位が困難。ふらつき。

 

【罹患筋】

殿筋、起立筋、下腿筋

 

【治療方法】

トリガーポイント鍼治療

 

2回目

ペインスケール10→5

良くなってきている。足背の痺れが気になる。

 

3回目

趣味のスポーツで左膝の内側側副靱帯損傷。固定し来院。

必然的に右脚に荷重がかかってしまっている状態であったが、前回よりも改善している。

 

4回目

ペインスケール10→2.5

5回目

大分調子が良くなってきたこともあり、様子を見るとのことで一旦終了。